Loading...

高齢者 Senior

認知症

誰しも加齢とともに物忘れは大なり小なり生じてきます。認知症の最大の原因は加齢とも言われております。また遺伝子レベルの研究もされていますが、加齢や遺伝についての対策は現状できません。しかし今すぐできる予防法はあります。高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化など生活習慣病と認知症発症の関連も示唆されており、肥満にならぬ様に食生活の改善や運動を取り入れることでも認知症の予防は出来ます。運動(有酸素運動や筋トレ)、バランスの良い食事、適切な睡眠、禁煙、節酒、知的活動(読書や楽器など)、ゲーム、会話などは取り組みやすいです。

またこれらの多くは認知症になってからも、進行抑制に効果があります。認知症のリハビリプログラムには上記の多くが含まれています。脳への血流を良くして進行を抑制したり、体の筋肉を鍛えて活動量を保ち、転倒予防にも役立ちます。しかし闇雲に訓練をするのではなく、楽しく、達成感を味わうことも重要です。行ったプログラムの内容は忘れたとしても、心に生じるこころよい感覚は残りやすいのです。ストレス反応により記憶に関わる脳の器官である海馬の萎縮が生じるともいわれております。ストレス反応が生じないように、心を守る関わり方の工夫も必要です。
やはりここにおいても心・脳・体にはたらきかけるバランスが大切と言えます。

内科

当院は精神科の病院ですが、ご高齢の患者様を中心に、高血圧、糖尿病、気管支喘息、肺炎、尿路感染症等を発症することがございます。
そうした患者様をケアするため、内科医を配置しております。

前身である山田病院においては、内科疾患への対応は入院患者様のみとしておりましたが、
この度、東京さつきホスピタルにおいては、内科医の拡充、CT・X線装置の新規導入を行い、内科外来を開設いたしました。

心療内科・精神科の症状の無い方も、内科外来を受診していただけますので、お気軽にご相談ください。

担当医からのご挨拶

 専門医資格は日本脳神経外科学会の認定を受けておりますが、救急、麻酔、外科(消化器、呼吸器、循環器)放射線科 内科検診などの経験があります。これらの経験と人脈を生かして総合診療に当たりたいと思います。
 また 各種認定、診断書作成などにも協力させて頂きます。どうぞご利用下さい。具体的にはパーキンソン病、 脊髄小脳変性症など難病の認定。脳障害後遺症などによる身体障害(肢体不自由、言語障害など)認定。被成人後見人診断書(認知症)作成。厚生年金診断書、運転免許更新の診断書(てんかん、認知症のレベル診断)作成などでございます。
 お困りの身体症状としては以下の様なことに対応(診療)させて頂きたいと存じます。
① 頭痛 ②めまい、ふらつき、耳鳴り ③物忘れ ④手足のふるえ、けいれん、攣(つ)り、脱力 ⑤一時的な失神、意識減退感、眠り込み ⑥幻覚、目のかすみ ⑦いびきがうるさい、息が止まっているぞ ⑧熟睡感がない ⑨夜 何度もトイレにたつ ⑩顔が曲がる ヨダレがでる ⑪胸が苦しい 息切れがする ⑫家族的年齢的などでガンが心配 ⑬本態性高血圧といわれているが ⑭だるい、糖尿病だろうか ⑮胃弱と思っている ⑯更年期症候群だろうか などなど。
もしもご病気が外科的処置や隔離が必要な場合、更に高度な精密検査が必要な場合は迷わず 近隣若しくはご希望の専門病院等に紹介させて頂きます。
 尚、MCI(軽い認知症)逆に 軽くない(難治性)てんかん 疑いの方は特にご相談下さい。
また、以下に述べますように睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断と治療(CPAP、ASV等)には特に注力しておりますので是非ともご利用下さいませ。転院申し込みなどにも応じます。

矢部 熹憲

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診療

SASは突然死(SD)の原因となったり、居眠り運転で交通事故を起こしたり(バス・タクシー・宅配便の会社の信用低下)、銀行や改札機のコンピュータプログラム更新時にSEやプログラマーが睡魔に襲われてバグを発見出来ず重大なトラブルを起こしたり(IT企業の信用低下)、酸素不足で認知症やてんかんの病状を悪化させしたりと可成り恐ろしい病気です。また、心不全や異型狭心症の原因になったり、熟睡感がなかったり夜間頻尿のため睡眠障害と誤認され睡眠薬でますます病状を悪化させたり、起床時高血圧が本態性と診断され悩んだり、いびきで家庭内別居を余儀なくされたりと実に多彩な症状を呈します。SASは肥満者だけの病気ではありません。社内旅行や家族旅行でいびきや睡眠時の呼吸停止を友人や家人に指摘された経験のある方は是非とも当院にご相談下さい。
然るべき検査(ポリソムノグラフィ:PSGなど)とその所見に拠る適切な処置を行えば、別世界での幸せな生活が待っています。最近は大袈裟なマスクを使わないCPAPやASVが存在しますし(寝返り自由)機械も小型でうるさくありません。また ナステントやマウスピース、USB充電で動くいびき対策グッズ、なんとサプリや絆創膏も御座います。これらを否定するものではありませんが命に関わることですので経験やPSGの結果に基づき適切な処方をさせて頂きます。(とある年末年始に飲酒によって600SAS例中6例を失った苦い経験が御座いますので)。
先ずは当院に受診予約のお電話を下さいます様 お願い申し上げます。

リハビリテーション

認知症治療病棟は、ご自宅や施設等で不穏や徘徊などの症状により、安全な日常生活を営むことが困難になった認知症の方を対象とした病棟です。治療には、生活機能回復訓練と、集団での作業療法活動のプログラム、個別での認知症リハビリテーションを行い、ご自宅や施設へ退院した後も安心して生活が出来るよう多職種が協力し合いながらサポートしていきます。

生活機能回復訓練

認知症の改善・進行の防止,身体能力の維持・向上を図るための訓練です。
個別での関わりと集団での活動があり、個別での関わりについては食事・更衣・排泄等の援助や誘導による日常生活行為の自立、患者様一人一人に必要な環境調整を行っていきます。集団での活動は、主にゲームやレクリエーション、体操などを通した身体機能の維持、他者交流や楽しみを得ることでの心の安定やストレスの発散を目的として行います。

精神科作業療法

認知症リハビリテーション

入院から1年間の期間で集中的に、生活上必要と考えられる動作・能力の維持・向上を図るために行われます。その方の身体機能のレベルに合わせてスタッフがリハビリメニューを立案し、個別で筋力・体力トレーニングや動作練習等の運動療法を行います。

予約はこちら 外来予約システム

メールはこちら お問い合わせフォーム

東京さつきホスピタル 03-3308-8281